ご挨拶

 情報量が加速的に増加する近年において、機能的に情報を取り扱っていくためには、情報自身の選択や破棄を体系立てておこなって行く必要が有ると思われます。業務も煩雑化し、この情報を取り扱うにも以前の手作業だけでは解決し得ない現在において、益々仕事の中にコンピュータを活用する機会が増えていると考えられます。
 しかし、コンピュータの活用は大変重要でありますが、人が行う仕事として考えた場合、それだけでは心が冷えてしまうのではと、コンピュータのコンサルティングをさせて頂きながら考えております。
 人生一回でありますので、何よりも人間同士のコミュニケーションを大切に、そして楽しく信頼しあえる関係を築けることが一番であり、 デジタル化の考え方も重要ですが、人間同士のアナログ的な部分をも大切にした、コンピュータ屋らしからぬコンピュータの専門家でありたいと考えております。

コメントは受け付けていません。